はじめてのETC

スカイウェイブ
09 /20 2017

前々回書きましたETC車載器のテストを行ってきました。

もちろん高速道路で。


本当は一人で平日にやるつもりだったのですが、仕事や台風やらでタンデムツーリング当日に(^_^;)



まずはカードのセット。
ETCtest01.jpg
見にくいですが、フロントボックス右側、青いエアキャップ(通称プチプチ)のそばですに固定した本体に挿入→無事認識


ここまでは設置当日に確認していたのですが、いよいよ本番ということで緊張します。


実験場所は九州道広川ICです。
ETCtest02.jpg
後続車がちょうどいないタイミングを狙いゆっくり進入します。
万が一ゲートが反応しなかったときに退避できるように超安全運転。



そして進入。


ETCtest03.jpg
開きました!


もちろん出口も
ETCtest04.jpg


理屈の上では当然と言えば当然なのですが、やはり緊張しましたw


これで大手を振って高速利用ができるというもの。
たぶん一度高速利用のツーリングをすれば車載器代は回収できると思います♪



行動半径が広がって喜ぶ僕ヽ( ̄▽ ̄)ノ
こころなしかしんどそうな表情の妻w


いやきっと遠くまで行けるのが嬉しくてとまどっているだけのはず (ΦωΦ)フフフ…

↓↓ ためになる楽しいブログがたくさんあります
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

廻、玉子焼に思ふ

その他
09 /16 2017
※ ちょっと前のことなのでリアルタイムではないです。



お昼を食べようかなと思い、近くのチェーン定食屋に行きました。


メニューを見つつ考えた挙句、

普通の定食+単品の玉子焼を注文。

待つこと10分程度でテーブルに運ばれてきました。


単品の玉子焼にびっくり。

ん?なんだこれは(北大路欣也風に)


と思いつつ、メニューの写真と見比べつつ首をひねりつつ。


ま、まあ忙しかったのだろうと自分に言い聞かせ箸を入れてみると激しく流れ出る卵・・・




とりあえず玉子焼以外の定食を食べた後で、お店のホールスタッフさんに

「こちらの玉子焼(箸で割っただけで食べていない)は通常こんな感じですか?」

と訊いたところ、彼女は厨房へ。



数分後戻ってきたスタッフさんは

「はい。いつもこうだそうです」と。

スタッフさんには分かりましたと告げてお店を出ました
(ちなみに食券制なので支払済み)


なんだか納得がいかない私は翌日そのチェーンに問合せします。問合せフォームには画像は貼れないので文章だけ。

やり取りはこんな感じでした。※ 意訳しております


(´・ω・`) : メニューと全然違うものが来て驚いたのですが御社ではそれは普通?またはその店だけ?ていうか写真送れないので伝わらないよね?
返答   : 形が悪くてスマンです
(´・ω・`) : お、返信に画像貼れるんで送ります。変なのは形だけかな?
返答 : 生っぽくてスマンです今後気を付けます
(´・ω・`) : ・・・・・・・

終了です。

人の手仕事ですからミスが起こるのはわかります。ていうか当然起きます。

でも、これが普通というならメニュー写真差し替えた方がいいですよ。

DSC_1071.jpg
※ メニュー写真は著作権の都合上載せませんが、普通に巻いた美しい玉子焼です。

この卵焼きが出されたことよりも
・ 提供した商品に対するクレームに近い問い合わせに、面倒なのか権限もない一ホールスタッフに返答させて自分は出てこない責任者。
・ とりあえずごめんと言っておけばいいか感丸出し文章の本社

に納得がいかなかったので、それ以降そのチェーンには一切行かなくなりました。


今回は愚痴になってしまいました、すみません。



ところで九州に多い某定食屋チェーン。
玉子焼注文した方がいたら是非画像見せてくださいヽ( ̄▽ ̄)ノ






↓↓ ためになる楽しいブログがたくさんあります
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

ETCはじめました

スカイウェイブ
09 /11 2017

前回のリレー交換時に外したフロントカウル。
リレー3
外したのはETCの取付の為。


いろいろ検討した結果、利便性と割引、及びコストを考えていわゆる自主運用にしました。
自主運用についての議論は様々ですがこの場では言わないようにします。長くなるのでw

自主運用で問題になる防水性ですが、この点ビグスクはほぼ覆われているので置き場所には困りません。


さてその本体ですが、自主運用の方はオクが多いみたいですね。ただし玉石混交のようでトラブルも散見されます。
だいたい5000前後みたいです。

そして某通販サイト。

セットアップ、送料込で6000円弱。ポイント溜まっていたのでそれを使うとその半額以下になるので迷いはありませんでしたw


必要書類を送って数日後に無事到着

ETC1
アンテナ別体型にしました。


ETC2
ドラレコ配線時に取りだした電源を分岐させます。
※ 実はこれ、リレーの上流側で分岐させてしまった失敗例です(^_^;)これでは常時ONに・・・(もちろんやり直しました)

ドラレコ085
設置後の画像が無く申し訳ありませんが、この写真の左下(ちょうどヒューズカバーの左)にある平らな部分に両面テープで張り付けました。

残るはアンテナの位置です。
雨などを考えるとむき出しは論外として、適当なカバーを自作するかと思いましたがなんか不恰好。
いっそのこと中に隠してしまえ、金属で上をふさがなければきっと大丈夫!


というわけでフロントのヒューズボックス上に設置することに。
ただしそのままだとアンテナ角度が推奨の0~20度どころかマイナス30度くらいになるので少し工作します。
ETC3
ウレタンゴムを切って土台を作り、アンテナ、ヒューズボックスカバーと強力両面テープで固定しました。


そしてやっとメインスイッチON!
普通に起動して、ETCカードも正しく認識しました。
あとはインターチェンジでのテストだけですがここで時間切れ(^_^;)

週末に予定しているツーリングでぶっつけ本番のテストを行いたいと思います。

↓↓ ためになる楽しいブログがたくさんあります
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

スカイウェイブ スターターリレー交換

スカイウェイブ
09 /06 2017

5月に行ったツーリング先にて。

景色のいいとこで停めて休憩→さあ出発→セルボタンを押す→無反応(^_^;)
→もう一度セルボタン→快調に始動→何事もなく走行

ということが一度だけありました。今思えばこれが前兆。


6・7月は梅雨の影響でほとんど乗れなかったのですが、8月になりやっと乗れると思い自宅にてご近所ツー準備。
準備も終わりさあ始動!というところでまたもやセル無反応・・・(゚д゚)

何度か押すと無事に始動しました。

原因として考えられるのは
1、 バッテリー劣化
2、 セルモーター故障
3、 スターターリレー故障
4、 その他
くらいかと。


状況を書き出すと、
・スターターリレーの動作音はする(ただし正常動作かは比較できないため不明)
・動作するときはセルモーターの回転に異常がない

1年前の購入時と比べてもセルの回り方は変わらず元気なのでバッテリーの線は一旦消して、
残るはセルモーターかリレー。

どちらにしろ経年で交換するものではあるので、まずは作業しやすいリレーを購入しました。
そして数日後に到着したので早速作業に。


リレー
まずはバッテリーのマイナス端子を外します(この後軽く絶縁処理しました)


リレー1
続いてメーター下のパネル(クリップ4個留め)を引っこ抜くとリレーがこんにちは。


リレー2
爪を押しながら黒いコネクターを抜いて

※ 写真が抜けていますがこのあと半透明カバーを外し、二本のボルトを抜いてケーブルを外します。

リレー3
あとはフリーになった本体を真上に引き抜き、残った四角いゴムを写真でいうと左方向にスライドさせて取り外し。


取付は新品を逆の手順で付けるだけです。ゴム部品の取付は当然滑りにくいので焦らず確実に。
シリコンスプレーを吹けば簡単なのはわかってましたが、振動対策のホルダーであろうゴム部品なので、滑りやすくしては本末転倒だろうと思って我慢しましたw


さて、交換後のテスト。

おお!毎回エンジンが始動するってなんて安心なんだヽ( ̄▽ ̄)ノ


どうやら今回はリレーだけでいいみたいでほっとしました。
年式や走行距離、保管状況で様々だと思いますが、バッテリーは大丈夫なのにセルが時々(←この「時々」ってのが肝心ですが)回らないという方は試す価値はあるかも。


それでは気になるお値段。

某バイク純正部品購入可能Webサイトでスズキ純正部品 : 送料込 約4,500円
有名オークションで純正品の中古            : 送料別で2,500円前後
有名通販サイトで互換品                 : 送料込 約2,500円

わずかな価格差しかないのに状態のわからない中古は論外として正直互換品にも興味はあったのですが、さすがに信頼性がないと困る箇所ですから今回は純正品にしました。


さて今回の写真。実は4枚目だけフロントカウルが外れております。
リレーの交換だけなら不要な作業なのになぜか?


理由は次回に続きます(゚∀゚)

↓↓ ためになる楽しいブログがたくさんあります
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

新型カメラについて

その他
08 /31 2017
以前投稿した「SJ4000が溶けた」という話。

その終わりあたりで書いた新しいカメラ MUSON MC2

幸いなことにバッテリーは相互利用可能
ハウジングもほぼ一緒

というなかなか便利なものでした。


ならばSJ4000用の防水給電ハウジングも流用したい。
それにはMC2の改造が必要。


といわけで哀れ新品MC2は到着翌日に保証対象外に成り果てたのでした。

作業自体はSJ4000と同じなので割愛しますが、要は基板のマイクを力で外して、残った基板の穴に配線を半田付けするだけの作業です。



完成した写真がこちら。
IMG_20170831_144542.jpg
IMG_20170831_144605.jpg
この、黄色い熱収縮チューブでカバーされたコネクタ。
これが特徴だったりします。

IMG_20170831_144623.jpg
カメラ下にあるケーブルは、給電用microUSBとマイク用自作変換コネクタをコルゲートチューブでまとめたものです。
青いところが3.5mmジャックで、通常のマイクを繋げることができます、

よくある「カメラ横にマイクジャックを付けました♪」だと、防水ハウジングに入らないためこのような仕様に。
ちなみにコネクタはジャンク品のデジカメを購入し分解して取り出しましたw

コネクタを繋ぐとこのようになります。
IMG_20170831_144644.jpg

どうやらこの手のカメラは(本家GoProはわかりませんが)、防水ハウジングに入れて日差しの下に置くのは、溶けたり強制終了したりとあまり良くないようですので、雨の心配がないときは写真のネイキッドフレームで使う方が良いと考えました。
また、海などでの撮影は給電なしの完全防水でないと厳しいので、3通りの使い方ができるようにしました。

1 ネイキッドフレーム(マイク/給電接続)・・・雨厳禁で日中の長時間及び春夏の走行動画
2 防水給電ハウジング(マイク/給電接続)・・・雨天時及び秋冬の走行動画
3 防水ハウジング(マイク/給電なし)・・・海のレジャーなどで使用

さしあたってこんな使い方になりました。

これで当面は撮っていこうと思います。
↓↓ ためになる楽しいブログがたくさんあります
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村